2016-08-29(Mon)

中級から学ぶ漢字「戻」

「戻」

 <漢字の意味>
 ・「戸」+「犬」が本当の字です。
 ・今の漢字では、「、」がありません。
 ・戸の前に犬がいますから、恐いです。どうしますか?
 <単語>
  戻る  :元の場所に帰ります。 (自動詞)
  戻す  :元の場所に置きます。 (他動詞)
  後戻り :来た道を逆に返ります。
   ※:どれも前に行かないで、帰ります。
  備考)「」も調べてみてください。
2016-08-28(Sun)

文法の学習には3種類ある

 一口に文法の授業とはいっても、3つの方向性があります。1つ目はもちろん文法そのものの学習、2つ目は読解に組み込まれている文法の学習、3つ目はJLPTの受験対策です。この3つの学習は、学習方法がそれぞれ違いますので、授業構成つまり教案の書き方にも影響すると思うのですが、みなさんは意識されていますか。

続きを読む

2016-08-27(Sat)

接続の説明

 中級文法では、接続を説明するときに「名詞修飾型」という言葉が頻繁に出てきます。初級では、名詞修飾型という名称を使って説明することがあまりないので、教師も学生も授業につまってしまうというシーンをよく見かけます。中には、「名詞修飾型と普通形はだいたい同じです」と説明する方もおり、誤解を招いてしまう場合もあります。
 中級文法の授業をする際は、授業の面白さもさることながら、いかにテンポよく進めることができるかというこも重要になってきます。また、これまではティーチャートークを使って説明してきた部分を、少しずつ自然な説明に改め、日本人が日本人に説明するような授業スタイルへ変化させていく必要があります。
 とはいっても、中級前半はまだまだ初級の授業スタイルから離れられないものです。そこで、予め説明の方法を考えておく必要があります(結構、その場で考えている先生が多くいますよ)。

続きを読む

2016-08-26(Fri)

インポスター症候群

 「インポスター症候群」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。わたしは、新聞を読んでいてこの言葉にぶつかりました。自分が成功したり功績をあげたのは運が良かっただけで、実力や努力が原因ではないと思い込んでしまい、周囲から評価されればされるほど、自分は人を騙している詐欺師(インポスター)だと感じるようになることを指す言葉ようです。この記事を見た時、わたしは専任になりたての頃の自分と重なるようで、少しドキッとしました。

続きを読む

2016-08-24(Wed)

月刊日本語


月刊 日本語 2012年 01月号 [雑誌]
  
日本語教育ジャーナル 2013年春号
   当時(っていつだ?)、日本語教師を目指す人なら一度は手に取ったことのある雑誌ではないかと思います。これは、アルクさんから出版されていた業界誌で、確か2012年頃、休刊してしまいました。その後、日本語教育ジャーナルという名称に変更され、出版が再開されたらしいですが、こちらの方も現在では休刊になっているようです。

続きを読む

プロフィール

鈴木 レン

Author:鈴木 レン
日本語教師になって、8年が経ちました。これまで経験したことが、これから日本語教師を目指す方のお役に立てばと思います。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内の検索フォーム
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご来場者さま
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
24位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
広告